吉田淳士

『正義の味方』ではゴキブリかハイエナか!?黒染めのすててこにマントで身を包み不器用上等で舞台をかき回した。今回は『型破りの淳士』が近代演劇をかき回す!!

安宅慶太

本来のポジティブなお調子者気質を発揮して『正義の味方』では気持ちの良い程メシをかっ喰らい続ける息子役を演じ好評を得た!?今回も調子に乗ってどこまでもクラシックルネサンスをかっ喰らえ!!

林 夏樹

見た目より繊細な心を持ち『手の中の林檎』ではかつて無いセリフの多さにぶっ倒れた。今回は得意の奇抜な発想力で泉鏡花の幻想世界に潜り込む。見応えあり!!

重定礼子

『正義の味方』ではハゲヅラに紙おむつ姿のお茶の水博士、『手の中の林檎』では鼻血を出し片足にはパンツを引っかけた二日酔いの女と色モノ路線まっしぐら!!今回は泉鏡花戯曲の面汚しと言われる程の色モノぶりを見せつけるのか!?

坂本菜月

『正義の味方』では2児の母でうだつの上がらない旦那をガッチリ支えた。『手の中の林檎』の稽古中は学習出来ない酔っぱらいの同期重定の世話までもした。まるばんでは数少ない理数系。近代演劇をどう支え、どう挑むのか期待大!!

木村基秀

生き方が2枚目!役柄も2枚目!!絶倫男優はやると決めたら全力で情熱をそそぎ込む。そして『夜叉ヶ池』をもモノにしノンストップで舞台を駆けめぐる。あぁ、誰か彼を止めてくれ!!

福重友

やってくれる男!!『正義の味方』の本番当日大胆に丸坊主で現れ注目を集め(演出に叱られる)、『手の中の林檎』の※飲み稽古ではトイレの隅でワンワン泣き、吐きながらスヤスヤと眠りこれまた注目を集めた。今回は舞台上で!?まるばん最強の注目株!!

中津美幸

『手の中の林檎』では持ち前のカラッと晴々キャラで違和感なく「ラクダのももひきで陽気に笑う女」を演じた。時に素の顔が能面顔で・・・怖い!しかしその能面こそが古典作品にふさわしい!?とくとご覧あれ!!

皆川あゆみ

まるばん演出の荒谷に「おこられる〜」と泣いていた甘えん坊も今ではすっかり荒谷の世話係。甘え甘えられ今回は新たな飛躍を見せつけるに違いない!!

岡ひとみ

まるばん公演では人前で涙を見せなかった唯一の女優。芯の強さはナンバーワン!?乱れないが枠からも出れない性分・・・だが今回は『夜叉ヶ池』でひと味違う乱れ咲の花が舞台を舞う!!

鈴木こう

「馴染みのなかった古典作品を通して、どんな発見ができるのか、楽しみです」(本人談)│フランスで2年間演劇留学をしていたこの男。古典作品を楽しむのは良いけれどなんのひねりもおもしろ味もないコメントをぬけぬけと言い切るのは何故?彼の発見が必見だ!!こうご期待│

藤原章子

「美しい日本語!なんと美しい作品!!これはもう体感したくてたまらないです〜」(本人談)│美しい藤原さん!なんと美しいコメント!!さすが「ソツなし劇団員」の称号を手に入れただけはある。どう美しく体感されるのか興味津々!!│

鈴村貴彦

「体力一本と思っていたらまるばんでは知力が相当に必要なんですね!勉強しなくてわ!!」(本人談)│常にニコニコ脳天気キャラの鈴村君。良い所に気づいたね!勉強が相当必要です。けれどニコニコしているだけじゃ体力すら付かないぞ!!うむ、ここは一発君の脳天気キャラで万を救え!!

倉重みゆき

「クラシック・ルネサンス後、一皮むけた自分になれるように厳しく激しく頑張ります」(本人談)19歳の若き新人!!一皮むけるってなんともハレンチ!!しか〜しッ、間違いなく荒谷おじちゃんが厳しく激し〜くしごいてくれずはず!やったね♪・・・泣くんじゃないよ!!

手嶋綾乃

「冬生まれで、冬女、しかも年女で冬公演。初公演ですが、
頑張ります」(本人談)│B型生まれで、B型女、しかも年女B型でB型公演!?久々の大型新人ならぬB型新人!!残念な事に万歳一座ではB型と言うだけで問題児扱い・・・頑張れ愛しきB型生まれのB型女!!