ご協力いただいた皆様へ

 昨年11月の「ウルトラマーケット閉館についての記者会見」からの多大な御協力と御心配に、天下の台所改善実行委員会を代表して深く御礼申し上げます。
 新聞、テレビ、雑誌をはじめ、多くの方々に取り上げていただき、大勢の方々に応援いただきました。その過程で、市議会から自民・公明・民主、各会派の方々も(財)大阪城ホール、及び、ゆとりとみどり振興局に働きかけていただき、結果、2010年2月1日、大阪市庁舎に於いて、(財)大阪城ホール2名と、大阪市議会公明党幹事長・石原信幸氏・政調会長・杉田忠裕氏同席の上、大阪市ゆとりとみどり振興局文化振興担当課長・足立幸彦氏立ち会いの元、私と南河内万歳一座制作・奈良の2人が参加して話し合いの場が設けられました。
 その折り、(財)大阪城ホール理事長・藤澤氏から「当初3月末の退去通告を本年12月末日までに延長する」との譲歩案が出されました。大阪市の法人改革に伴い12月末日までの延長が精一杯との説明でした。
 これを受け、譲歩の提案は、前年の記者会見に至る様々を(財)大阪城ホールが理解したものと捉え、それを評価し、同時に譲歩案に感謝する方向で近日中に協定書を交わす準備に入ろうと思っております。
 お忙しい皆様に協力頂き、また大変お騒がせしましたが、この度の「ウルトラマーケット閉館に関する問題」に関し、ここに終結の方向で話し合いが進んでいることをご報告申し上げます。
この度は、本当にありがとうございました。

2010年2月12日

天下の台所改善実行委員会・代表
南河内万歳一座・座長
内藤裕敬