これから僕達が行く処、行かねばならない処、いつの間にかたどり着いてしまう処、行こうとしたけど行きつけない処。それは確実に存在するし、そうなるはずだ。その一方、帰る処、帰ろうとする処は、はたしてあるのだろうか?人にとっての故郷、家、家族、国、それは、あると思っているうちに消え去って、無くなるものなんじゃないだろか?そんなもん、元々あったのか?帰ろうとすること、行こうとすること、どちらが大切なのか?それ遊べれば、今の僕達が見えてくる。
さらバイ・・・「さらば」と「バイバイ」と「ララバイ」を合わせた造語。扇町ミュージアムスクエア閉館も視野に入れ、「行く処」と「帰る処」を遊んでみる。