拝啓、深秋の候、皆様にはご健勝にてお過ごしのことと心からお喜び申し上げます。さて、皆様ご承知の通り、大阪の小劇場のメッカ・扇町ミュージアムスクエア(OMS)が2003年3月を持ちまして閉館となります。私ども、南河内万歳一座は、創立6年目、大阪芸術大学の学生劇団であった創立メンバーが、卒業した頃に、劇団☆新感線と共に、お声をおかけいただき、稽古場をOMSの中にもつことができました。それから、稽古場だけではなく、事務所、音楽室、倉庫などもお貸しいただき、OMSを拠点として、東京や、名古屋、ときには韓国、中国まで、共に演劇活動を続けて参りました。そして、OMSで私達は、グランドフィナーレ!扇町ミュージアムスクエア最終公演として、内藤裕敬の新作「さらバイ」を上演致します。OMSで、劇団公演で、演劇を上演するのは、私どもが最後となりました。どうぞ、お見逃しなきよう、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。末筆ながら、皆様にはくれぐれもご自愛の程、心よりお祈り申し上げます。                  

敬具

平成14年秋

南河内万歳一座