ご挨拶

南河内万歳一座公演データ

青年団公演データ

作品概要

ニュース

対談-1
対談-2
対談-3
対談-4
対談-5
対談-6
対談-7


青年団

ご予約

――お互いの劇団についての印象を教えてください。

平田 劇団のことは、そんなによく知らないから、「仲良さそうだなぁ」って感じくらいかな。

内藤 ウチは楽しそうに見えるらしいね。そんなに楽しくはないんだけど。

平田 いつも一緒にいるよね。

内藤 確かに仲は良いね。

平田 ウチは年齢の幅が広いこともあって、そんなに一緒にいないけどなぁ。

内藤 ウチもそうなのよ。でも飲みに行くときに寂しくなって、結局一緒に呑んでる(笑)。

平田 ウチも同期同士は仲が良いみたいですけどね。

内藤 カンパニーの内部がどうなっているかは、お互い踏み込んでないので分からないんだけど、多分、外側からは青年団と南河内万歳一座は劇団のタイプが全然違うと思われているだろうし、平田くんと僕自身の在り方も明らかに違うと思われているでしょうね。作家はみんな違うのは当たり前だからいいとして、劇団主宰というか、ひとりの演出家として「役者との向かい方が違う」って言われたことがある。

平田 どういう風に違うの?

内藤 稽古場で役者と向き合うときは、役者の向こうに作品があるわけだから、役者を通して作品を見るために、役者と作品の間と行ったり来たりしながら、役者と向かい合って創っていくんだけど、台詞や向こう側にある作品の原型みたいなものに対して、平田くんの方が厳密なんですよ。

平田 なるほど。僕は劇作家出身で、いまだに演出家というのが馴染まなくて、演出はいまだに勉強中っていう感じがあるほど劇作家体質なんですね。学生のころは、演出をしていなかったので、演出するようになってからもしばらくは、「なんでこの俳優たちは、僕の素晴らしい台詞をこんなに下手に言うのか」って、ずっと思ってた(笑)。俳優もされる内藤さんは、どちらかと言えば俳優の視点というのも強いと思うんですよね。

内藤 僕は「ほぉー、そういう風にする?」っていう感じ。いや、僕も「僕の書いた良い台詞を……」って思うよ(笑)。でも、それは「自分で書きながら感動した良い台詞なのに、なんだよ、それ!」って口に出すからね(笑)。

平田 僕は口に出さないで、下手な台詞には別の台詞を被せて聞こえないようにしちゃう(笑)。

内藤 そこが違うんだ(笑)。だけど、逆に自分でもそんなに意識していない台詞が、役者の読み違えみたいなもので立ち上がってくるときもあって、それが面白かったりもするからね。

平田 もちろん、そういう場合もありますけど、やっぱり発想の起点がちょっと違うかな。僕は俳優と向き合わないからね。最近、僕はロボットに演出しているんですが、それを見たウチの俳優が「ロボットに言うダメ出しと、俳優へのダメ出しが全く同じだ」と変なショックを受けてましたから(笑)。

内藤 たぶん、平田くんは戯曲の方が重いんですよね。

平田 細かく設計図があるから。

内藤 忠実に動けるようにしたいんだよね。

平田 それが嫌な俳優もいると思うですけど、自分自身が、稽古しながら、プラモデルを作ったり、精密な実験をしている感じなんで。個人の俳優が嫌いなわけじゃないんですけど、そっちの方向にマニアックになっているんだと思います。

内藤 ロボット演劇の話を聞いたとき、「本気か? 冗談はよせ」って言ったんだけど、それをやる演劇的なひとつのロジックの在り方というのは分かりますよ。ある種ヨーロッパ的な、ひとつの演劇の現在の価値観みたいなものが集約されるところはあるので分かりますが……でも「作業として正気か?」と思うわけ。俺にはできないって(笑)。

平田 でも、最後のロボット2体のシーンでお客さんは泣いたんだよ! それは画期的な瞬間だった。

内藤 そういう瞬間は分からなくはないよ。でも、すべてをロボットにしたときに、そうなるかどうかだよな。

平田 なりません。少なくとも僕たちが生きている間は大丈夫です(笑)。