昨年、KARA COMPLEX『調教師』(作・唐十郎 演出・内藤裕敬)で活躍した内藤裕敬率いる南河内万歳一座の新作書き下ろし作品。『大和屋別館』は、宿泊料がべらぼうに安く、次々と客がやってくる。しかし、安いのには理由があった。その旅館には、個室は無く大部屋が一つあるだけ。つまり、老若男女、ビジネスマンも旅行者も、日本人も外国人も、恋人も他人も、とにかく皆雑魚寝。同じ部屋で眠らねばならなかったのだ!