一話語るごとに一本ずつロウソクを消し、百話語り終えた時、最後のロウソクを消すと何かとてつもなく恐ろしいことが起きるという真夏の儀式、百物語。その百話目を語れなかった少年と、結婚を直前に、自分には人に語れる自分の物語が何も無いことに、家族を作ることへの不安を抱く男の物語捜しの旅が始まる。男は台風の晩、新居への引越準備に忙しい婚約者を横目に窓辺に座り、速さを増す台風の雲を見ている。やがてそれは、青春が終わって行くことへの焦燥感となって結婚から逃げ出すように、その二階の窓から階下のドブ川へと飛び込んでしまう。物語捜しはいつしかあの少年の百物語の真夏の夜へ。そこで死んだはずの父、祖父、祖母と出会い、新婚旅行を予約したトラベル会社の営業社員も巻き込んだ大騒ぎの妖怪物語となって行き……。
 真夏の百物語以上に奇想天外に過去も未来も入り乱れて展開する男の物語捜しは、はたしてオリジナルな自分だけの物語を捜し当てることができるだろうか?真夏、台風の一夜に何かが起こる。
'90.11月〜12月
 大阪・扇町ミュージアムスクエア
 名古屋・七ツ寺共同スタジオ
 東京・下北沢 ザ・スズナリ
'94.2月大阪・オレンジルーム
'94.6月東京・新宿シアタートップス
'97.9月
大阪・扇町ミュージアムスクエア